自主的20%るぅる

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

Fairgrit®が満を持しての正式リリース! ~サービス開発に秘められた熱き思いに迫る!!

お疲れさまです、かとぅーです🖐😊

2021年6月1日(火)、エージェントグローが経験したすべてのノウハウをつぎ込んだ、SES業界特化型SaaS「Fairgrit®」が正式リリースとなりました🎊

Fairgrit®公式サイト | SES業務の管理に必要な機能がオールインワン | Fairgrit®

満を持して正式リリースを迎えた「Fairgrit®」

そのヒ・ミ・ツに迫るため、河井会長にインタビューさせていただきました✨

今回もなかなか興味深いお話をお聞きできましたので、早速ご紹介したいと思います!

「Fairgrit®」正式リリース

―― コロナ渦が続いておりますが……。エージェントグローの最近はどうですか?

一言で言えば『絶好調』だね!😉

これも、エンジニアのみんなががんばってくれているからこそ。

ありがとう!

―― そんな絶好調なエージェントグローで、ここ最近SaaS事業で大きな動きがあったようですが……

ついに……「Fairgrit®」が正式リリースしました! それに併せて、サービスサイトも公開しています。

実を言うとね、当初は2020年頃にリリース予定だったんだ。

でも、リリースに向けて作業をしているうちに「こんな機能があったほうがいい」とか「こうしたらどうだろう?」が出てきちゃってね💡

結構時間はかかってしまったけど、その分自信を持っておすすめできる良いものになったよ👍

開発メンバーは本当にがんばってくれました。

こうやって良い形でリリースできたのはみんなのおかげです。

本当にありがとう🙇

「会社を大きくする×エンジニア超第一主義」を実現するために

―― そもそものお話ですが、なぜ「Fairgrit®」を作ろうと思ったんですか?

「良い労働環境で働くエンジニアを増やすこと」と、「エンジニア超第一主義」の両方を実現するために「Fairgrit®」は必要不可欠だったんだ。

勤怠管理やワークフローの決裁、案件の紹介を含む営業活動、それからバックオフィス業務。

従業員が増えれば増えるほど、本社メンバーが手作業でやっていると追いつかなくなってきたんだ。

うれしい悲鳴なんだけどね💦

でも、そこで本社メンバーを増やしたりしてコストをかけてしまうと、みんなへの還元が難しくなってしまう……。

それでは「エンジニア超第一主義」じゃなくなっちゃうよね。

だから、僕のやりたいことを実現するために「Fairgrit®」が必要だったんだ✨

ミッション達成に直結する「Fairgrit®」

―― 「Fairgrit®を一言で言うと?」って聞かれたら、何て答えますか?

エージェントグローが掲げる「中小企業で働くエンジニアの労働環境を変える」というミッションを実現するために、あるべきもの/なくてはならないもの……かな。

「Fairgrit®」はエージェントグローが創業当初から使っている「社内システム」が元になっているんだよね。

この社内システムは創業当初からすべて自社で企画/開発しているんだけど、実は「Fairgrit®」のようなシステムを作ることを前提に開発してもらっていたんだ。

当時は従業員数も少なかったし、「構想はあるけど何をどうできるか確かじゃない」って状況だったから……。

まさに「夢物語」って感じで、あんまり大っぴらには言ってなかったんだけどね。

そういう意味では、「Fairgrit®」が無事リリースできたということは「夢が現実になった」って感じだね。

必要経費の概念を変える、一元化を追求

―― なるほど、ではエージェントグロー以外の同業他社様にとってはいかがでしょうか?

僕らと同じくSES事業をされている会社にとって、「なくてはならないもの」になると思ってるよ。

まず、「勤怠管理」がとても楽になるんだ👍

そもそも、SES業界の勤怠管理ってすごく特殊で管理が難しいんだよね。

例えば、「勤務表」の類だけでも、多いと「上位会社用」「勤務先用」「自社用」の3つを提出しないといけなかったりするよね。もちろん、参画した案件にもよるけどね。

そういう事情もあって「SES業界に特化した勤怠システム」って実はまだあんまり存在しないんだけど、「Fairgrit®」ではしっかりカバーしているよ。

それから「営業活動」がとても楽になるよね🙆

エンジニアとクライアントの双方とコミュニケーションをとったり、たくさんの情報や契約書を管理する必要もあったりして、把握しておかないといけないこと/対応しないといけないことがたくさんある。

サービスサイトを見て貰えると分かるとおり、「Fairgrit®」には大変な営業活動を強力にサポートする機能を満載しているんだ。

そして「バックオフィス業務」がとても楽になるというのも見逃せないポイント💻

勤怠や交通費/経費の申請、社内制度などの問い合わせや日々の業務に関する相談などなど、バックオフィスメンバーにはたくさんの問い合わせが届くんだよね。

これらをすべて人力だけでこなそうとするとたくさんの時間と人が必要になってしまうんだけど、「Fairgrit®」にはそういった諸業務を体系化して省力化する仕組みが備わっているんだ。

エンジニアのみんなも楽できるし、バックオフィスメンバーも楽できる。それが「Fairgrit®」だね。

本社メンバーにお支払いするお給料って、エンジニアのみんなが稼いでくれたお金でしょ?

安易に「本社メンバーを増やして対応します」というのではなくて、できるだけ業務を効率化/省力化して本社人件費を徹底的に削りたい!……って思うんだ。

そのためにはサポートしてくれるシステムが必要になるわけで、その「サポートしてくれるシステム」というのが「Fairgrit®」なんだよね。

コストを利益に変える

―― 「楽」、「体系的に省力化」がキーワードの「Fairgrit®」ですが……やはりお高いんじゃないですか……?

え!?テレビショッピング🤣!?

「勤怠管理」や「営業活動」、それから「バックオフィス業務」といったSES業務のすべてを網羅できる「Fairgrit®」。

めちゃくちゃ高いです!……開発費は!ね(笑)

―― 開発費ですか!びっくりしました💦

エージェントグローは「中小企業で働くエンジニアの労働環境を変える」というミッションを掲げているけど、それを実現するためにはいち早くたくさんの会社に導入していただくことが必要だと思ってるんだ。

”導入のしやすさ” について考えたときに、「初期費用を抑えられる」というのは大事なことだと思ったんだよね。

「Fairgrit®」を導入するのに必要なお金も、やっぱりエンジニアのみんなが稼いでくれたお金だからね。

各社さんごとに「これは必要最低限のコストだ」って考えているものがあると思うんだけど、「Fairgrit®」を知って貰えたらその価値観が180度変わると思うよ。

多くの企業に「Fairgrit®」を知って貰えたら、SES業界は大きく変わるんじゃないかな。

SES業界を1つに

―― エージェントグローのノウハウと河井会長の想いがたくさん詰まった「Fairgrit®」ですが、これからのビジョンについて聞かせてください!

SES企業は1年間に200社という勢いで増えていて、需要があって急拡大している分ほころびが出てきているのが現状です。

エージェントグローのミッションは「中小企業で働くエンジニアの労働環境を変える」というもの。

「自分たちだけが良ければ良い」ってわけじゃなくて、業界全体が働きやすい環境になって欲しいなって願っている。

だからこそ、個々の力を繋げて大きな力に変えるというのが必要になってくると考えていて、その中心的存在に「Fairgrit®」がなれたら良いなって思ってる。

もちろん今は「夢物語」だけど、実現するのは時間の問題だと思っているよ。

さいごに

いかがでしたか🌺?

「Fairgrit®」の正式リリースは、河井会長の、そしてエージェントグローの夢がまた1つ現実になった日だったわけです。

お話を聞いていて、エージェントグローのミッション達成に向けて、また1歩大きく近づいたんだなぁと感じました😊💖

いち早く広まって、「中小企業で働くエンジニアの労働環境が変わった」ところをこの目で見る日が楽しみです!

Let’s share this article!

{ 関連記事 }

{ この記事を書いた人 }

かとぅー
記事一覧