自主的20%るぅる

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

エージェントグローの新しい取り組み✨Clubhouse!By 伊藤社長

お疲れさまです、かとぅーです💖

緊急事態宣言が全国的に解除となり、外へ出る機会も徐々に増えてくるかもしれませんね。

とはいえ、まだまだ感染者数も落ち着いていない状況のようですので、お出かけの際は感染予防を万全に!


さてさて、今回はインタビュー企画で、キーワードは、「Clubhouse1)Wikiもまだ充実していないほど、とても新しい招待制の音声SNSアプリケーションです」✨

……といいますのも、実は伊藤社長がちょっと前から「Clubhouse」での情報発信を開始したそうなんです。

私としてもどんなことをやってるのか気になったので、今回リモートでインタビューさせていただきました🎤😊

エージェントグローが「Clubhouse」をどう使っていくのか!?

このブログを通して、少しでもお伝えできたらと思います🌼

より的確に伝えたい

――それでは、早速!なぜ、この「Clubhouse」を始めようと思ったのですか?

「声」で発信する「Clubhouse」というメディアの存在を知ったとき、「もっと僕の思いや考えを伝えられるツールが出てきたな」って思ったんだよね。

自分の考えや思いを発信するとき、これまではTwitterを使ってきたけど、実は文章を推敲することが苦手で……。

もともと「書く」より「話す」ほうが得意なんだよね。

―― そうだったんですか😳?Twitter拝見しておりますが、まったくそんな感じは……

僕自身、元々思いや考えを伝えるのが上手くないって自覚していたのもあって、「苦手な文章」で伝えようとしても「なかなかうまく伝えられてないなぁ」ってもどかしく思っていたんだよね。

でも、「Clubhouse」なら自分の「声」で伝えられるから、感情の起伏とかも載せられるよね。

だから「自分にはClubhouseが合ってるなぁ」って思ったんだ。

それに「文字のやりとり」より「リアルタイムでの会話」のほうが、みんなも質問とか相談とかしやすいんじゃないかなって。

―― 質問?ですか?

Clubhouseは一方的に話すだけじゃなくて、お互いにリアルタイムで「会話」ができるんだよね。

そこも他のSNSにはない、「Clubhouseならでは」の魅力的なところだよね!

なんと😳

”リアルタイムで質問に口頭で回答する” というのはわたしからすると「至難の業」のように思えますが、伊藤社長にとっては全然問題ない……どころかむしろ得意分野なのですね🍀

声で思いを届けることができる「Clubhouse」は、たしかに伊藤社長にぴったりかもしれません💖

ミッション達成のために

―― もうすでに10回以上配信されているようですが、これまでにどんなテーマで配信されたのですか?

その時によって細かいテーマは違うけど、例えば「エンジニアの単価をあげるコツ」だったり「キャリア相談」みたいなテーマで話したりしているね。

―― そ、それはかなり興味をそそられますね💖でも、なぜこのテーマを?

「Clubhouse」って「僕の思いを発信する場」ではあるんだけど、それだけで終わったらもったいないと思ってるんだよね。

だから、みんなが「相談したいと思ってるけど、なかなか機会のなさそうなこと」をテーマに選んだ。

そういう思いを抱いている人が僕の配信を聞いてくれて、それがその人の悩みだったりモヤモヤだったりを解消するための一助になっていたらうれしいな……って。

―― きっとなっているのではないかと😊 今後の展望ってどうお考えですか?

いろいろあるけど、1番は「エージェントグローをもっと多くの人に知って貰える」ようなことをやっていきたいかな。

一言で言ってしまえば「広報活動」ってことになると思うんだけど、例えばSES企業で働くITエンジニアの皆さんやそのエンジニアを支えている経営者や営業の方に向けて発信していきたいね。

そういった繋がりを活かして、エージェントグローのミッション——「中小企業で働くITエンジニアの労働を環境を変える」を広めていきたい。

このミッションを達成するためには、”エージェントグローだけ” じゃダメなんだよね。

全国にたくさんいる、SES企業で働いているITエンジニアの皆さんに良い環境で働いて欲しいって思っているよ!

SNSは遠くの方とも繋がって情報の共有や交換ができるから、その「繋がり」が大きくなればなるほどエージェントグローのミッション達成も早くなるというわけですね🍀

インタビューしている私もわくわくしてきました🥰

失敗と成功を積み重ねて

―― お話を聞く限り「Clubhouse」をうまく活用されているようですね🌼

……おや? なんだかいつもの伊藤社長とは違います。

……実はね、初めての配信のとき何も準備しなかったんだ。

「伝えたいこと」はブレずに持っていたから大丈夫だろう……って。
 
 
 
……でも甘かったねーっ笑!

―― それって……もしかして……

これがほんと散々な結果で……。

例えば、配信中に質問を受けることがあるんだけど、その質問に対して答えていくうちに、話が脱線したり回答が微妙だなって感じたりすることがあって……

やっぱり「こういうことを質問されそう」とか「こういうことを聞かれたらこれを伝えよう」とか、ちゃんと事前に整理しないとな……ってすごい反省した。

「話しかけてもらえる/質問して貰える」ってことは自分の話に興味を持って貰えてるってことだから、自分にとっても相手にとっても無駄な時間にならないようにしないとダメだよね。

―― その後、何か対策されたんですか?

もちろん!

話す内容や伝えたいこと、想定される質問やその回答などを整理したりしているよ。

「完璧だ」とは言わないけど、話が脱線したりしても最終的にはお題にあったお話ができるようになったんじゃないかと。

あとは、「まっすぐ前をみて話す」ことを意識するようになったかな。

―― 「まっすぐ前をみて話す」……音声だけなのにですか?

さっき「声は感情の起伏を載せやすい」って言ったけど、配信を重ねているうちに「良くも悪くも、僕の全部が伝わる」ってのが分かってきたんだよね。

モチベーションもそうだし、配信に対する熱意だって声から伝わっちゃう。

俯いて話していたら声もそうなっちゃうから、まっすぐ前を見て「相手に向けてメッセージを届けるぞ」って感じで話すようにしているんだよね。

そのために、例えばこんな感じで携帯の位置を調整してるよ。

「モチベーション」といえば、もう1つやってることがあるんだよね。

「Clubhouse」って、ルームに参加したり退出したりした場合分かるようになってるんだけど……。
 
 
 
退出されるとかなりツライ~~~~~~笑!
 
 
 
見えると「あー、○○さんが退出しちゃった」って落ち込んじゃうから、配信中に画面の下半分が見えないように手で隠してるよ。

熱い想いだけではなく、伊藤社長のかわいい一面までみれちゃいましたね。

「社長だって失敗することや不安に思うこともあるんだな」ってことを知ると、なんだかわたしもがんばれそうです🤟😊

常に成長し続ける

―― 失敗談から成功談までたくさんお聞きすることができましたが、ズバリ!伊藤社長にとって「Clubhouse」とはなんですか?

やっぱり「たくさんの人と出会って話せる、刺激溢れる楽しい場所」って感じだよね。

同じ考えの人もいればそうではない人もいて、お互いに「あ!そんな手があったか!」って気付きが得られたりして……。

刺激しあえてすごく楽しいよ。

―― 楽しそうなの、すっごく伝わってきます!楽しく思いを伝えられる場があるっていいですね🌈

「楽しい」って色々あると思うんだけど、僕にとっては「知らないことやできないこと、難しく感じることがある」ことも「楽しい」かな。

”Clubhouse=スピーチ” なんだよね。

おもしろければ僕の話を聞いてくれるし、そうでなければ離れて行ってしまう。

「どうすればいいか?」を常に考えるし、盛り上がって気分が良いときも、そうでないときも、相手に心地よいモチベーションを保って伝えたいことをしっかりと伝える。

心身ともに全てが僕の成長に繋がっているよ。

さいごに

いかがでしたか?

すっごくよいお話が聞けました💖なんだかClubhouse楽しそうです!

伊藤社長の思いや考えを聞くことができるClubhouse。実は1度視聴させていただいたのですが、わたし的にもおすすめです✨

配信予告はこんな形でツイートされますので、よかったら伊藤社長のTwitterをチェックしてみてくださいね!

おまけ

とても素敵な内容を聞けた今回のインタビューでしたが、終始柔らかい雰囲気が漂っていました。

伊藤社長2)そして同席くださった河井会長😊、ご協力ありがとうございました🥰

注訳はこちら

注訳はこちら
1 Wikiもまだ充実していないほど、とても新しい招待制の音声SNSアプリケーションです
2 そして同席くださった河井会長😊
Let’s share this article!

{ 関連記事 }

{ この記事を書いた人 }

かとぅー

未経験からエンジニアを経て、新米広報として絶賛奮闘中です!

何かお役に立てる情報やくすっと笑えることをお届けできたらいいなぁと思います(*^^*)

記事一覧