自主的20%るぅる

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

マクロレンズを買ったら写真の世界が広がった

おつかれさまです。にんじんです!
最近、配信レポばかり書いてきたので、久しぶりに今回は趣味ネタです。
年末の記事に引き続き、写真のことをご紹介します!

マクロレンズ買いました

秋に受験した応用情報技術者試験に合格し、報奨金1)withコロナ特別キャンペーンで金額3倍でしたが入ることが決まったので、
入金はまだなのに、先走って前々から欲しかったカメラレンズを購入してしまいました。

交換レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro | M.ZUIKO PREMIUM | オリンパス

それがコチラ! マクロレンズです!

マクロレンズとは──

小さなものを大きく写すためのレンズがマクロレンズです。花や昆虫、小動物、アクセサリーなどの撮影に向いています。また使い方の特性上、被写体にぐっと近づいてもピントを合わせられる(最短撮影距離が短い)レンズが多いのも特徴です。

from. ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン

というものですが、文字で書いてもわかりにくいですね(笑)
手始めに、レンズを買って初めて撮った写真です。


超どアップのガーベラのお花。
おしべ・めしべの様子までくっきり見えますね。


こちらは瓶詰めキャンディーのどアップ。
映える(笑)景色が広がってました。

まぁ、だいたい超どアップに撮れると思っていただけたらあってます(雑!)

お花の写真を撮る時に、標準レンズだと、
こんなに近づいたらピントが合わないっっ!!(泣)
となることが多くて、前々から欲しかったレンズなのです。

互換性考えるのが面倒だったので、カメラ本体と同じメーカーのオリンパス製のものから選びました。
光学ズーム2)レンズを移動させる物理的なズーム。デジタルズームと違って画像が荒くならない。
参考:https://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0013.html
がないので、最初は戸惑いましたが、
慣れてくると標準レンズではとても撮れない絵が切り抜けるので楽しくて仕方がないです!

いつものレンズと比べてみた

そんなに普通のレンズで大きくとるのと違うの?というわけで、軽く比べてみます。

こちらは、スマホで先ほどのガーベラと同じくらいのサイズで撮った写真です。
デジタルズーム3)画像拡大するだけのズーム
参考:https://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0013.html(上と同じ)
で無理して撮っているので、画質が粗い。
あと、敢えて手前の花びらにピントを合わせたのではなく、ここにしかピントが合わなかったという感じです。
とりあえず大きく撮ったよ。これがスマホのズームの限界です。

こちらはミラーレス一眼の標準レンズで撮った一枚。
光学ズームではこの大きさには撮れず、こちらもデジタルズームを使用しています。
スマホよりは画像の粗さはマシですが、仕上がりとしては、これもただ大きくしましたよ感がやっぱり残りますね。

さて、こちらは本命のマクロレンズによる撮影。
一応、デジタルズームには対応していますが、こちらはズームなしの一枚です。
違いを感じ取っていただけるでしょうか4)驚くほどの違いを出すには、私の技術がまだ不足してますね。精進します!

標準レンズのズームでは出し切れない、独特のどアップの世界。
それがマクロレンズなのです。

ちなみに、マクロレンズさえあれば、すべてオッケー!というわけではなく、苦手な分野もあります。
大きく映すのが得意なレンズなので、視野の広い広角の写真を撮りたいときには不向きなんですよね。

上の写真は標準レンズで撮影したのですが、赤枠はマクロレンズで同じ場所から写したらどうなるかの大体の範囲です5)体感的に想像しているので誤差があります
この時に撮りたかった2台の赤い自転車を収めるには、かなり後ろに下がらないとカメラの枠に入らない。
広い範囲を撮りたいときは、それが得意な広角レンズか、せめて標準レンズじゃないと難しいんです。

撮りたいものに合わせてレンズも変えたくなる。
そのせいでレンズ沼に落ちる。
私も沼の淵まで来ちゃってる感じですね(笑)6)もう落ちているとも言う

こんなの撮れるよ、マクロの世界

さて、ここからはマクロの世界を色々とご紹介していきます!

まずは定番のお花


花の全景を写しても、どこかふんわりと仕上がります。


こちらはどアップ。花粉の様子までくっきり写ってますね。

地面スレスレを撮るのも楽しい


苔と雑草が生えている様子。陽の光を浴びて、いい感じに仕上がりました。


こっちは確か、マジでただの地面。砂が太陽光を反射してキレイじゃないですか?

他にもこんなの撮れます


肉眼では確認できなかった綿毛。
カメラに写してからもう一回肉眼で確認しようとしたけど見つからなかった(笑)


どこかの柵の留め金の釘。

あ、すいません、マニアックな世界に突入しすぎましたかね(笑)
こんなふうに、普段は見れないような光景を写すことができるので、どんどんドハマリしております☆

みんなの趣味はなんだろな

マクロの世界、ご堪能いただけましたか。
配信レポや社内イベントの紹介もいいですが、たまには趣味を語り尽くすのも悪くないですね。

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

よく見たら、ブログのヘッダにこんなふうに書かれているので、これからもドシドシ趣味語りしようと思います☆

これを読んでいる人は、どんな趣味を持っているのかな。
300人近くの社員がいるなら、趣味の幅もめちゃくちゃ広いですよね。
あなたも、趣味語り仲間──もとい、ブログ執筆仲間になりませんか。
Slackの#bloggersチャンネルにてお待ちしています!

では、また!

注訳はこちら

注訳はこちら
1 withコロナ特別キャンペーンで金額3倍でした
2 レンズを移動させる物理的なズーム。デジタルズームと違って画像が荒くならない。
参考:https://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0013.html
3 画像拡大するだけのズーム
参考:https://cs.olympus-imaging.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0013.html(上と同じ)
4 驚くほどの違いを出すには、私の技術がまだ不足してますね。精進します!
5 体感的に想像しているので誤差があります
6 もう落ちているとも言う
Let’s share this article!

{ 関連記事 }

{ この記事を書いた人 }

にんじん

大阪にて弊社サービスのFairgritの開発をやってます!
ブログのアイキャッチに自分で撮った写真を使うのがマイブーム。

記事一覧