自主的20%るぅる

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

食洗機のある生活のススメ【Agent Grow Advent Calendar 2020:19日目】

この記事は Agent Grow Advent Calendar 2020 19 日目の記事です。

食洗機のある生活のススメ

こんにちは。
江嵜です。

私事ですが、今年、色々な巡り合わせがあって、家を購入いたしました。
多分、今後これ以上高い買い物をすることはないでしょう。

引っ越しをしたことで、私の生活もこれまでと大きく変化しました。

色々と便利になったこと・良くなったことなどあるのですが、
その中でも今回は、かなりメリットを感じている「キッチンに食洗機をつけた」ということについて、
お話をしていきます。

今後、引っ越しを考えられている方や、キッチンに食洗機をつけようと考えられている方は、
ぜひ参考にされてくださいね。

もっと食洗機を知れば、きっとあなたも食洗機がある生活がしたくなるはずです。

食洗機という家電について、どんなイメージを持っていますか?

まず、皆さんは、食洗機というものについて、どのようなイメージを持っているでしょうか。

食洗機は「洗い物を楽にするためのもの」「食器洗いという家事の手を抜くためのもの」として
考えられている方は多いのではないでしょうか。

私も、実際に使い始めるまで、食洗機という家電について、その程度の認識でしかありませんでした。

一言で言ってしまうと、「ただ、楽をするための家電」といったところでしょうか。

断言しましょう。

それは間違ってはいませんが、あなたは食洗機についての一面しか見えていないようです。

食洗機は「食器洗いという家事をアウトソーシングできる」家電

食洗機は「洗い物を楽にするためのモノ」というだけではありません。

では、一体何なのか?

食洗機とはズバリ、「食器洗いとう家事をアウトソーシングするための家電」なのです!

… 楽をする、ということと、アウトソーシングするということの何が違うのでしょうか?

この差は、「食器洗いという家事について考える必要があるか、ないか」の違いなのです。

「家事を考える」とは何か?

家事を考える、とは何でしょうか?

家事を考えるとは、その家事について、精神的なリソースを割くことです。

「食器洗いを楽にする」と考える場合、メリットは食器を洗う作業そのものが幾分楽になるだけだと感じるでしょう。
つまり、食器洗いという作業そのものについてしか、目が向いていないということになります。

しかし、よく考えてみると、食器洗いそのものは、非常に手間がかかるものかと言われると、実はそうではありません。

食器洗いが大変なのはなぜ?

食器洗いが厄介なのは、

  • 一日に基本三回(食事の度)発生し
  • 実施しなければならないタイミングが、食後という最も家事をしたくないタイミングであり
  • 食器洗い自体は他の家事と比べて大した成果が見えないうえに(汚れたお皿をキレイにしていつもの通りの場所へ戻すだけ)
  • 水仕事という、特に冬場だと苦痛を伴う内容である

という、家事のツラいところを詰め込んだようなタイプの家事だからです。

さらに、結婚や同居されている方は、食事が終わる度に、どちらが洗い物をするかというせめぎ合いも発生するでしょう。

つまり、食器洗いという家事は、一見ただ洗うだけの簡単なモノのように見えますが、
その実、これを毎日、当たり前の様にこなしていくのには、かなりの精神力が必要なのです。

食洗機は、食器洗いの一切を忘れることができるようにするための魔法の家電!

では、食洗機がある場合はどうでしょうか。

上に上げたような、毎日発生するツラいところをまとめて「考えなくて良い」ようにしてくれるのです。

まさに魔法のような家電ですね!

どうでしょう?
食洗機、欲しくなりましたね?

では最後に、今後特に、我が家と同じビルトイン型(外付けでなく、キッチンの棚に埋め込まれているタイプ)の食洗機の設置を検討されている方へ、
とても重要な TIPS を一つお伝えしておきましょう。

食洗機は必ず「深型」を設置しよう!


(深型は二段構造になっているため、
 上の段にフライパンなどの大きなものをいれることができます)

ビルトイン型の食洗機には、「浅型」と「深型」があります。
単純に、食洗機の大きさが小さめ(底が浅い)か大きめ(底が深い)かの違いです。

実際に購入を考えて、ショールームなどで説明を受けると、
浅型の方が金額的にそこそこ安めだったり、大物(フライパンや大皿など)を入れなければ浅型で十分入るとの話を聞くことになるかもしれません。

もしかしたら、あなたはそこで「安いし、浅型で十分かな?」と思ってしまうかもしれません。

断固、深型にしましょう。

上で、食洗機のメリットは「食器洗いと言う家事を考えなくて良いこと」とお話しました。
このメリットを享受するためには、大物を入れなければ十分、ではなく、極力全部入れなければならないことに注意してください。
(もちろん、どうしても食洗機に入れられないものもありますが。)

むしろ、浅型では本当に「食器洗いがちょっと楽になる家電」くらいでしか活用できなくなるので、
つけてもあまり使わなくなってしまうかも…しれません。

食洗機のある生活は素晴らしい!

まさか IT 系の会社ブログで食洗機について語る日が来ようとは・・・と若干思っていますが、
皆様に食洗機の良さについて気付いてもらいたくて、記事を書かせていただきました。

もちろん、簡単に設置できるものではありませんが、
引っ越しやリフォームなど、食洗機がある環境にできる機会があれば、積極的に選択していきたいですね!

Let’s share this article!

{ 関連記事 }

{ この記事を書いた人 }

takato_ezaki
記事一覧