自主的20%るぅる

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

JSが苦手なのでとりえあず最近ちらほら見かけるCreate React Appを触ってみた

最近デブ活ばかりやってる感

まぁ実際順調に肥えてきてるんですが、イベントの記事をアップした後にですね、

こんな記事を書いてますのところに見事にデブ活の記事ばかりで、自分の本業がただの食道楽野郎になってる感があったのでたまにはちょっと別のことを。

Screenshot_2016-07-25 22:28:11 JST

世の中ではJavaScriptが人気だそうで

2016年プログラミング言語トップ21が発表、1位は昨年と同様」によると今年もJavaScriptが人気なんだそうです。

私はJavaScriptが大の苦手です。

理由はありきたりで、開発環境を構築するのがわけわかんないし、サーバーサイドのJSだの色々広がっていって、ついていけなくなったからです。ちなみにEcmaScript仲間のActionScriptは好きなんですよね。

 

ただ、最近React.jsには興味があって、たまに記事を追っかけてるんですけど、ここ数日CreateReactAppの記事をよく見かけるので私もちょっくら触ってみました。

Create React Appって・・・

何やら私の苦手意識の一つである開発環境の構築を簡単にしてくれるみたいですね〜。

こことか見てたらNoSetupとか書いてるんですよ。まじかー!と思って早速ページにあるようにコマンドを打ってみました。

ちなみに環境はCentOS6でやってみました。

node.jsは4系の最新を入れてます。

おかしい・・・

$ npm install -g create-react-app
$ create-react-app hello-agentgrow

とやったらプロジェクトの雛形できるはずなのに


Cannot find module {hogehoge} # hogehogeのところはいろんなのがたくさん

とエラーが出て先に進みません。moduleが無いっていってるから、エラーがでるmoduleを一つ一つ入れていきました

でも、これって元々そういう手間をなくすための仕組みだったような・・・・?本末転倒ですな。

 

悲しいな・・・悲しくなくする為に生きているはずなのに、何でだろうな(´;ω;`)

 

ちなみに未だに理由がわかりません。CentOS6でやるのがそもそもの間違いだったとか?

アップデートも頻繁に行われているようなので今だけの現象なのか・・・。

 

気を取り直して・・・

CentOS6でやっていたのは仕事で使うのが6ってだけでしたので、CentOS7でも試してみました。

すると、hello-agentgrowディレクトリの下にファイルが沢山作られました!

favicon.ico
index.html
package.json
node_modules/
README.md
src/
   App.css
   App.js
   index.css
   index.js
   logo.svg

 

ひとまずサーバを起動してみましょう。


$ npm start

と打つと


Starting the development server...
Compiled successfully!

The app is running at http://localhost:3000/

とメッセージが表示されてブラウザからアクセスできるようになります。

 

最初から雛形ができあがるので、確かに楽は楽ですね。

正直とりあえず動かしただけなので、もっと学んでいかねば、という感じですが、思った以上に最初のところで時間がかかってしまったので、今回はここまでですマル

 

Let’s share this article!

{ 関連記事 }

{ この記事を書いた人 }

もつ鍋

一応Webエンジニア。

最近はハーブやブルーベリーの栽培に凝ってます。
現在はレモンに挑戦中!
カメラもお勉強中。

痛風家系という宿命に抗って生きています。
なおまだ未経験。
尿酸値は7未満。

Ne pas perdre espoir C’est mon seul desir
望みを失わないこと それが私のたった一つの望み(゚д゚)

作業用BGMは澤野弘之氏

記事一覧