自主的20%るぅる

各々が自主的に好き勝手書くゆるふわ会社ブログ

在宅勤務を3年続けてようやく理想の働き方が見えた件【Agent Grow Advent Calendar 2022:17日目】

この記事は Agent Grow Advent Calendar 2022 17日目の記事です。

コロナウイルスが流行して3年近くになりますね。

私の現場は流行し始めてからすぐに在宅勤務になり、それからずっと在宅勤務が続いています。

憧れの在宅勤務…!と当初は結構ウキウキしていたのですが、実際に3年程在宅勤務を続けてみて、色々と想像していたのと違うこともありました…。

それなりに長い期間在宅勤務してみて、ようやく在宅勤務の良し悪しが見えてきた感じがします!

ということで改めて在宅勤務をしてみて良かった点、思ったのと違った点、そして在宅を通じてようやく見えた私の理想の働き方をまとめてみようと思います!

こんな感じの内容ですよ〜

在宅勤務ってやっぱり良い!

しばらく在宅勤務してみてこんなところが良いなと思ったことを挙げてみます。

  • 自由時間が増えた
  • 自宅がアップグレードされて生活レベルが向上した
  • 自宅のことを心配しなくてよくなった

自由時間が増えた

これが一番大きいなと思います。

通勤時間が無くなって、朝や夜の自由時間がかなり増えて、その時間を別のことに充てられるようになりました。

私は朝がとても弱いので、朝の睡眠時間を延ばせることが本当にありがたいです…

そして夜は趣味の時間を増やせたりと、かなりのストレス軽減になってます。

時間という人生で最も大事なリソースを増やせることが一番のメリットですね!

自宅がアップグレードされて生活レベルが向上した

インドアなので元々自宅にいる時間が長かったのですが、更に自宅にいる時間が増えました。

そのおかげで自然と自宅環境にお金を使うようになりました。

ベランダを整備して外で仕事を出来る環境を作ってみたり、ソファを買ってリビングエリアを作ってみたりと、お金を自宅につぎ込むようになりました。

今までのPCと寝床だけあればいいという生活レベルとは無頓着な生活をしていたので、在宅勤務がきっかけで生活レベルがかなり上がったと思います!

自宅のことを心配しなくてよくなった

実は我が家にはうさぎがいまして、通勤していた頃は仕事中結構心配で仕方がありませんでした。

体調を崩して一日でも放置すると大事になってしまうので、常日頃から一緒にいたいという気持ちが強く、在宅勤務でそれが実現できました。

過去に体調を崩してすぐに病院に連れていけたということがあり、在宅勤務でなかったらと思うとその時は冷や汗が出ました…。

独り身の自分にとっては大切な人生のパートナーなので、一緒にいられる時間が多いという点もとても嬉しいですね!

思っていたのと違う在宅勤務

逆に想像とは違った点について挙げてみます。

  • 徐々に蓄積される孤独感
  • モチベーションの低下

徐々に蓄積される孤独感

正直自分でも全く想像してなかったのですが、在宅勤務を始めてから徐々に孤独感が蓄積されていきました。

毎日仕事中は通話繋ぎぱなし、Slack 等で雑談があるにも関わらず、何故孤独感が蓄積されるのか…。

通話や文字だけでは満たされない何かがあるということ、対面で会話することの大切さというのを在宅勤務を通じて初めて感じました。

モチベーションの低下

こちらも正直全く想像していませんでしたし、むしろある程度自由にできるからモチベーションは上がると思ってました。

事実在宅勤務1年目の頃はモチベーションは上がってましたが、3年も自宅で仕事をしていると段々とモチベーションが落ちてきました…。

ちょっと環境を変えようとしても、コロナという環境下では外に出て働くことも難しく、前述した自宅改造で少しでもモチベーションを上げようと工夫しましたが、限界がありました…。

今はもうだいぶ感染も収まって、リモートオフィス等で気分転換できるようになりましたが、出来なかった頃は本当にモチベーション低下に悩まされました…。

在宅勤務が合うかは人それぞれ

結局私には在宅勤務は完全にはマッチしませんでした。

私は多少対面で会話できる場があった方が、メンタル的に良いということに気付きましたね。

かといって毎日通勤の日々には戻れそうにありません…。

週一頻度ぐらいで通勤して残りは在宅勤務というハイブリッド型が私には一番あってるなと、在宅勤務を通じてわかりました。

実際にここ最近実践していますが、在宅勤務だけの頃に比べてメンタル的にもモチベーション的にも向上している気がします!

これからもこの働き方を続けていって、パフォーマンスを上げられるようにしたいです…!

Let’s share this article!

{ 関連記事 }

{ この記事を書いた人 }

アバター画像
さば
記事一覧