予備校を使うべきか、否か【Agent Grow Advent Calendar 2016:9日目】

■雑談

Agent Grow Advent Calendar 2016の9日目の記事です。

セブンで売ってるマカロンアイスおいしかったです。
セブンイレブンが贈る冬アイス

ということでこんにちは。T田さんです。
現場ではCMSを使ったフロントエンド及びバックエンドなお仕事をしています。

■予備校に行こうかな?どうしよ…

「スクール」とか「通信教育」って言い方もありますが
世の中には大人でも勉強することのできる学校がたくさんあります。
 
分野はなんでもいいのですが、ちょっとマジメに勉強してみようとか
思ってみたことってあるかと思います。
 
趣味で通う人もいるでしょうし、仕事にしたくて通う人もいるでしょう。
 

■予備校のメリット、デメリット

とりあえず会社的にもソフトウェアつくるところなので
IT系の勉強をするとしましょう。

予備校だと「情報処理・SE・プログラマコース」みたいなところに通うとします。

○メリット
・全体的にバランスよく勉強ができる
・知識を証明しやすい

予備校で受けることができる勉強はどの科目も確かな内容が保証されています。

科目を受講すれば、少なくとも基礎は身につきます。
そしてその基礎は誰から見てもわかりやすいものになります。

これを独学で証明するのはかなり難しいです。
抜けがあるかもしれませんし、隅々まで勉強すると一人ではなかなか続かないかもしれません。

△デメリット
・学習に時間がかかる
・勉強した技術の中には実務で使わないものがある

「学習に時間がかかるのは当然なんだし、別に時間がかかってもいい」
ITの分野はそういうわけにはいきません。
 
1年前に勉強を始めた技術が修了時には使われなくなっている…なんてことはすごくよくあります。
 
また、実務において予備校で教わったことをそのまま使うことはあまりありません。
予備校だとコンピュータの発展の歴史とか勉強しますがそんなものは使いません。
しかし、予備校の卒業のために単位を取らなければなりません。

独学ではそのあたり、取捨選択をすることが出来ます。
必要なものだけを選択することで時間を節約できます。時間を短縮できることは勉強において非常に大きいメリットです。

 

■実務で求められているものとは? 

コンピュータの歴史は無価値というわけではありません。
しかし、「仕事」において1番大事なものは経験があるかどうかです。
 
もし、予備校にいかないのなら経験ではなく、能力で証明することになります。
能力の証明の一番最適な方法は、今までに作ったものを見せることです。
 
エンジニアであれば作ったシステム、アプリ、ソースコードなどを相手に見せましょう。

■あなたはどっち?

ITエンジニアは変化の激しい世界です。

・予備校を卒業し、抜け目のない知識を身につける
・独学でシステムを作り、いち早く実務に身を投じる

どちらも場合も大きな魅力を秘めています。
今一度考えてみてはいかがでしょうか?

T田さん

投稿者プロフィール

Live2Dデザイナー・エンジニアです。
原画、モデリング、アニメーション、ムービー、各種SDK組込みまで
一貫して制作できます。

うんうん、これもまた勉強だね。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

募集中!(o゜▽゜)o

エンジャパン
求む、社長!
follow us in feedly

コッチもヨロシク!





最近のネタ!

  1. 2019-8-23

    リーダーに興味がある人向け勉強会〜今月もやります&前回レポ〜

    こんにちは! さんどですよ(∩´∀`)∩ 前回開催からしばらく講師陣の都合がつかず開催できていなか…
  2. 2019-8-22

    第四回リアル脱出ゲーム部~人狼村からの脱出~

    はじめに 令和初リアル脱出ゲーム部の活動が8/3(土)にありました! というわけで活動報告をしま…
  3. 2019-8-19

    Web で物理アニメーション・その3 「簡単な物理法則に従うアニメーションを作ろう」

    前回の回答 前回の回答から行きましょう。 前回の宿題は 以下のように、近づいて右下に抜けてい…
  4. 2019-8-15

    2019年7月度社員総会&懇親会@Nagoya

    愛知は、わざいかぬっかど! 大田です。 さて!(笑) 今回は7/10(水)に行われた、名古屋社員総…
  5. 2019-8-13

    2019年7月度社員総会&懇親会@東京

    はじめに 今年もやってきました!みんな大好き、夏季休暇の季節! 40度近い気温が毎日どこかで計測さ…
ページ上部へ戻る

当サイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像等)は、許可なく複製・転用等する事を禁じます。

「フェアネス方式®」(登録6150741)は、日本国内における株式会社エージェントグローの登録商標です。

当サイトでは最低限必要と考えられる場合において、会社名/サービス名/商品名などを記載している場合があります。
これらはあくまでも説明の必要性に応じて用いているものであり、各社の権利等を侵害を目的とするものではございません。
不適切と考えられる場合には、当社お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当サイトでは®や™などの表記を省略させていただいております。