注目の記事 PICK UP!

客先常駐で働くエンジニアの未来像

IT業界における課題

今の日本ではIT人財の不足が声高に叫ばれています。

国内IT人材数に関する経済産業省のデータによると、ピークは2019年。約92万3000人となる見込みだそうです。

しかし、東京オリンピックを迎える2020年、IT関連産業への就職者が退職者を下回る状況が続くとの試算となっています。2030年には、ピーク時から6万6000人少ない約85万7000人にまで減ると推測されています。

では、IT業界の需要という意味ではどうでしょうか。

IoTやAI、FinTechなど、ITを活用した新たな分野は年々増え続けています。すなわち、IT人財に関する需要は年々高まりを見せているのです。

その情勢を受けてか、2015年現在で17万人の人財が不足していると言われています。

さて、先ほど『2030年にはピーク時と比較し6万6000人少なくなる』とのお話をしました。2030年の人財不足は、59万人にまで拡大するという予測がでているのです。

IT産業への投資は依然堅調で需要も伸びており、IT技術者を求める業界・会社・市場が大きく増えています。でも、その市場を支えるIT人財は圧倒的に不足している。

これが今現在常態化しており、今後も解決する見込みが立っていない。これがIT業界の抱えている大きな課題なのです。

課題が生まれた背景

ほとんどのIT企業は、この課題に立ち向かうべく優秀な人財を確保することに躍起になっています。

しかし、お世辞にも『上手く採用できている』といえる会社は多くありません。

業界の拡大による競合の増加、人口減少、技術の移り変わりが早いなど、人財確保に難儀する原因は多々あります。しかし、最も大きい原因は、『待遇の劣悪さ』にあります。

経済産業省が2016年に公表した『IT人財に関する各国比較調査結果報告書』というものがあります。この報告書によると、日本における『給与・報酬に対する満足度』はワーストワンとなっています。

中小企業にのみフォーカスを当てれば、その状況はより劣悪です。

多くのエンジニアは、所属会社から一方的に指示された業務に就き、不透明な評価制度の下で働いています。このような生活の中で肉体的/精神的に疲弊した人財は、IT業界を去っていきます。

すなわち、IT人財の不足を根本から解決するためには、何よりも待遇の改善が必要となるのです。

どう向き合うべきか

この改善を阻害する要因がいくつかあります。『閉鎖的商習慣』、そして『情報のIT化の遅れ』です。

情報の受発信や業務の受発注を、『仲間内』という狭い世界でアナログ的手法を用いておこなう。『フェアトレード』とは良い難い状況が『常識』として鎮座している世界なのです。

私はこの状況を打破すべく、『中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える』というミッションを掲げた会社を創立しました。

このミッション実現のために、そして悪しき習慣を過去のものとするために、私は『フェアネス方式』というワークスタイルを提唱しました。

この『フェアネス方式』は2つの要素から成り立っています。

案件選択制度

1つめは『案件選択制度』。

先に述べたように、多くのIT人財は業務内容を選べません。会社から一方的に指示された業務で働くのが常識でした。業務の詳細を知ることすら困難です。

『フェアネス方式』では、期間・勤務地・単金といった業務に関する情報をすべてITエンジニアに開示します。開示された情報を元に、ITエンジニア自身が自分希望にそった業務に就くことができるのです。

その後もその業務を続けるも離れるも、エンジニアの自由です。スキルアップの為に新しい分野に挑戦したい、得意な分野の仕事だけしたい、短期で色々な現場を経験したいなど、各自のニーズにマッチした自由な働き方がここにあります。

単価評価制度

2つめは「単価評価制度」。

『フェアネス方式』では、エンジニアの報酬——昇給や賞与額を『粗利率』で決定しています。その算出に必要な数値は、エンジニア自身がシステムを通じていつでも確認することができるようになっています。

算出に必要な数値だけではなく算出式も公開していますから、エンジニア自身がその金額を自己算出することも可能です。

高い透明性の元、適正な報酬を受け取れる。エンジニアが望んでやまない仕組みを実現しているのです。

未来はどうなるか

ITエンジニアからすれば、透明性の高い制度で納得感を持って働けるようになります。それに加え、自分の思い描いたキャリアを実現することができます。業界の悪しき風習である残業も、自分でコントロールしやすくなります。

企業からすれば、他社にはない魅力溢れる方策により多くのITエンジニアが集まってきます。事実弊社にも毎月6〜8名程度のエンジニアが入社している状況です。人財の数はパワーです。これまでは一方的な関係であった企業とも、良い意味で対等にお付き合いできるようになります。まさに『フェアトレード』な関係が構築できるのです。

IT業界からすれば、悪印象を構成する要素が払拭されますので、業界への魅力が高まります。これからIT業界を目指す人財も一度IT業界から離れた人財も、多くの人財がIT業界に集結することでしょう。魅力溢れる業界となれば、優秀な人財も多くなるはずです。

この仕組みは私たちの専売特許ではありません。私たちのシステムを使うことで、誰でもすぐに同じことができるのです。一般的には60%の還元率といわれていますが、このしくみにより弊社では還元率70%を達成しています。

理想の未来はすぐそこに

まさに『三方良し』。

かつては夢物語であったこのような世界を実現するだけのパワーが『フェアネス方式』には秘められている。私は、そのように確信しています。

『中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える』というミッションは、未だ実現の道半ばです。しかし、着実に実現に近づいていると実体験が物語っています。

IT人財の不足が叫ばれる中多くのエンジニアが集まっています。
古き悪しき習慣を過去のものとし、実現不可能と言われた未来を形にできると、私は確信しています。

河井 智也

河井 智也

Javaエンジニアとして2つのITベンチャー企業でキャリアを積む。
2013年2月、貿易商社に入社し、グループ会社の立ち上げに携わる。

2013年6月から同社の代表取締役に就任。
独自に編み出した『スカウト採用』を用いて、3年間で従業員1名から70名に拡大させる。

2016年4月に独立のため退任し、同年5月に株式会社エージェントグローを設立。
創業1年半で100名以上のエンジニアを採用し、会社は急成長。
面接実施人数は1500名以上、応募者の内定承諾率は80%を超えている。

「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」をミッションに掲げ、報酬・賞与の透明化と適正化、エンジニアに案件参画の決定権を与えるなどミッション実現に向けて取り組んでいる。

趣味は読書。ビジネス書を中心に2600冊以上を読破。

関連記事

  1. 社内で副業!社内講師制度

  2. 出戻り自由宣言

  3. 出産祝い金500万円!?就業規則を改定しました。

  4. エージェントグロー流『単価アップ』の極意!

  5. 月1回の帰社日

  6. 最高記録更新!1ヵ月間で18名採用!

  7. 【社外秘‼?】残業時間の実態調査【Agent Grow Advent Calendar 2016:2…

  8. エージェントグローの人財ポリシー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

積極採用中です

エンジャパン 求む、社長!
follow us in feedly

最近の記事

人気記事

こちらもご覧ください



PAGE TOP