注目の記事 PICK UP!

2018年5月、当社のエンジニアから『グループ会社社長』が誕生

ついに『グループ会社社長』決定!

少し前のお話にはなりますが、以前『グループ会社設立に向けて』という記事を書きました。

この記事では、『2018年の5月を目標にして、グループ会社第1号の立ち上げを進めているところです』という主旨のお話を書きましたが……。

ついに、そのグループ会社の社長になる人財が決定しました!

はたしてそれは誰なのか……それはまだ秘密です。次回の社員総会で発表しますので、お楽しみに( ̄ー ̄)

『リーダー職(主任クラス)のだれか』というヒントを置いておきましょう。

社長決定までの裏話

今回、『グループ会社社長』に名乗りを上げたのは3名。

その3名の中から彼が選ばれた理由は、

思考力、決断力、行動力などの能力が優れていたから

……ということではありません。

それらの点について、彼以上に優秀な候補者もいました。

では、なぜ彼を選んだのでしょうか。

その理由は、とてもシンプルです。

『社長になる』という意思が一番強かったから

チャンスを掴むために

今から5年前、私自身に突然のチャンスが舞い込んできたことがあります。『社長をやってみませんか?』との打診があったのです。

それを聞いた当時の私は、即答で『やります!』と答えました。

これが以前『雇われ社長』をやることになった、きっかけのエピソードです。

もしもあの場で、私が少しでも躊躇していたら……。『雇われ社長』になるチャンスを逃していたでしょう。そのチャンスを逃していたら、今の自分やこの『エージェントグロー』という会社の存在はなかったのではないかと感じます。

目の前に大きなチャンスがある。

もし『成功』をつかみ取りたければ、その『チャンス』をつかみ取る覚悟が必要です。

さもなくば、いくらチャンスが与えられたとしても、『成功』することは難しいことでしょう。

その『覚悟』が彼にはあったのです。

新社長との対話

その覚悟を感じさせるエピソードをご紹介したいと思います。

今月、彼とランチ面談をおこなったとき、このような会話がありました。

河井:明日から、社長やってって言われたらやる?

彼:今の私の実力でよければ、やらせてください!

その言葉と表情を見て、『3名の候補者の中で一番覚悟を決めているのは彼だな』と感じたのです。

本領発揮を楽しみに

それが小さいことであっても、逆に大きなことであっても、『本当に成功するかどうか』を判断するためには『人を見極める』ということが重要になってきます。

資本家が起業家にお金を出すのと一緒です。

戦略だけだったら、誰にでも描けます。でも、その戦略で『勝つ』には、どれだけ意志力が強い人間に賭けるかだと思うんです。

もし、今回のグループ会社設立がうまくいかなかったとしても、その原因は『社長の実力不足』が主要因ではなく『私の見極めに問題があった』とファクターが大きいことでしょう。

彼の本領発揮が、今から楽しみで仕方がありません。

河井 智也

河井 智也

Javaエンジニアとして2つのITベンチャー企業でキャリアを積む。
2013年2月、貿易商社に入社し、グループ会社の立ち上げに携わる。

2013年6月から同社の代表取締役に就任。
独自に編み出した『スカウト採用』を用いて、3年間で従業員1名から70名に拡大させる。

2016年4月に独立のため退任し、同年5月に株式会社エージェントグローを設立。
創業1年半で100名以上のエンジニアを採用し、会社は急成長。
面接実施人数は1500名以上、応募者の内定承諾率は80%を超えている。

「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」をミッションに掲げ、報酬・賞与の透明化と適正化、エンジニアに案件参画の決定権を与えるなどミッション実現に向けて取り組んでいる。

趣味は読書。ビジネス書を中心に2600冊以上を読破。

関連記事

  1. エージェントグローの営業に求められるもの

  2. 社内の常識『残業=デメリット』

  3. 『公平』を重んじる、エージェントグローの教育方針

  4. 年間53名採用!スカウト採用の極意

  5. 単価が上がらなくなると不安を持つあなたへ

  6. エージェントグローの給与還元率はなぜ高いのか?

  7. 誠実な情報公開のススメ

  8. ミッション実現のための『2025年』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

積極採用中です

エンジャパン 求む、社長!
follow us in feedly

最近の記事

人気記事

こちらもご覧ください



PAGE TOP