注目の記事 PICK UP!

ビジョン実現への道 〜 “2年前倒し”で『給与還元率70%』を達成 〜

2020年を目前にして

2017年9月度の社員総会にて、来期から給与還元率を70%にすることを発表しました。

これは、エージェントグローが掲げるビジョンの一部でした。

『2020年までに達成する』ビジョンとして

  • 還元率を70%にする
  • 従業員数を400名にする
  • グループ会社を3社立ち上げる

という3つの目標を掲げていました。

このうちの1つを、タイムリミットよりも2年前倒しで達成できたことを、とても喜ばしく思っております。

今回は、その実現の裏に隠されたエピソードをご紹介したいと思います。

堅実に未来を見据えて

ただ単に『還元率アップ』を実現するだけなら簡単なことです。しかし、『実現すること』が重要なのではありません。

真に重要なのは、『継続してそれを実現していく』ことです。

私たちが『還元率70%』を実現できたその裏には、3つの好材料がありました。

#1:エンジニアとバックオフィスメンバーが好循環を生み出している 

会社にはさまざまな役割の人たちがいます。

エージェントグローの『主役』といえばエンジニアの皆さんですが、そのエンジニアを支える『名脇役』としてバックオフィスの面々が存在します。

この両者が足並みを揃え力を合わせなければ、『還元率アップ』は実現できません。

幸いなことに、エージェントグローではエンジニアとバックオフィスメンバーが非常に良い関係を築いています。

エンジニアは、下記のような点でバックオフィスメンバーをサポートしてくれました。

  • 安定して稼働してくれた(稼働率99%)
  • お客様先でのトラブルを極力回避してくれた
  • 事務経理処理に必要な書類を期日までに提出してくれた

バックオフィスメンバーは、下記のような点でエンジニアのサポートに答えてくれました。

  • 各々がそれぞれの専門性と得意分野を遺憾なく発揮してくれた
  • 社員数の増加に伴い増えていく業務に対し、適切な連携を取って対応してくれた
  • 単に業務をこなすだけではなく、業務効率の改善を念頭に創意工夫してくれた

もちろん課題がまったくないわけではありませんが、全体的に『好循環』ともいえる状況を構築できたのです。

この状況は、『還元率アップ』の前倒しでの実現を決定する際に、強い安心感を与えてくれました。

#2:採用が好調である

IT業界において、エンジニアの採用に苦戦している状況が続いています。

この『売り手市場』な状況の中、どの企業も良いエンジニアを向かい入れるためにさまざまな取り組みをおこなっています。まさに、争奪戦が繰り広げられているのです。

そんな状況の中、エージェントグローには毎月多くのエンジニアが入社してくれています。

2017年9月においては、過去最高記録を達成。なんと15名のエンジニアを採用できる見込みです。

単に採用が好調なだけではなく、採用単価も非常に低く抑えられています。

一般に、エンジニア1名を採用するのに120万円ほどかかると言われています。しかし、エージェントグローでは7万円程度しかかかっていません。

多くの優秀なエンジニアが、継続的に入社している。そして、採用のコストが著しく低く抑えられている。

この事実は、『エージェントグロー方式』がエンジニアに受け入れられていることの証左だと考えています。

ミッション、そしてビジョンの実現に向け、確かな手応えを感じることができたことは、『還元率アップ』の前倒しでの実現を決定に大きな影響を与えました。

#3:会社の資金面での問題が解決した

会社を急成長させるチャンスは、“良いとき”よりも“悪いとき”にある

これは、私の持論です。

会社においてもっとも“悪いとき”といえば、『会社が倒産する』という事態に直面したときでしょう。

会社の倒産は、資金的な問題で発生します。最悪の事態を回避するためには、いかに資金面での安定を実現するかが肝要です。特に創業して間もない会社であれば、文字通り『死活問題』となりえます。

『還元率アップ』を実現したとしても、すぐに倒産してしまう会社では意味がありません。

たとえば、もし明日リーマンショックが再来したとしたら……。

悪夢ともいえる不況時にも『エージェントグロー方式』を維持しさらなる発展を目指すためには、十分な資金(資本金)を確保できるかが重要なファクターとなります。

十分な資金を確保するためにはさまざまな手段がありますが、私のポケットマネーを資本金として投入することにしました。

2018年11月までに、資本金を3,000万円に増資する。

無理なくそれを実現することができるとの算段がついたことにより、『還元率アップ』においてクリアしなければならない課題はすべて解決することになったのです。

さらなる高みに向かって

今回の『還元率70%』の早期達成は、ゴールではありません。

私たちはこれを維持することが可能であることを証明しなければなりません。そして、ビジョンに掲げた残りの目標を実現しなければなりません。

もし、私たちがそれらを実現することができたなら……。その先には更なる還元率アップや福利厚生の充実ができると考えています。

中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える

エージェントグローが掲げるミッションの実現、そしてそれが日本におけるデファクトスタンダードとするために。

一歩一歩着実に。そして、時には大胆に歩みを進めていきます。

河井 智也

河井 智也

Javaエンジニアとして2つのITベンチャー企業でキャリアを積む。
2013年2月、貿易商社に入社し、グループ会社の立ち上げに携わる。

2013年6月から同社の代表取締役に就任。
独自に編み出した『スカウト採用』を用いて、3年間で従業員1名から70名に拡大させる。

2016年4月に独立のため退任し、同年5月に株式会社エージェントグローを設立。
創業1年半で100名以上のエンジニアを採用し、会社は急成長。
面接実施人数は1500名以上、応募者の内定承諾率は80%を超えている。

「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」をミッションに掲げ、報酬・賞与の透明化と適正化、エンジニアに案件参画の決定権を与えるなどミッション実現に向けて取り組んでいる。

趣味は読書。ビジネス書を中心に2600冊以上を読破。

関連記事

  1. 『公平』を重んじる、エージェントグローの教育方針

  2. 平均残業時間12h~SES業界で残業を少なくするコツ~

  3. 2017年社内アンケート結果発表! 〜 採用編 〜

  4. エージェントグローの営業に求められるもの

  5. 厚生労働省の「ホワイト企業」認定マーク(安全衛生優良企業認定)取得を目指して

  6. 第2期の昇給、賞与額が確定しました!

  7. 地方拠点について

  8. エージェントグローのミッション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

積極採用中です

エンジャパン 求む、社長!
follow us in feedly

最近の記事

人気記事

こちらもご覧ください



当サイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像等)は、許可なく複製・転用等する事を禁じます。

「フェアネス方式」は、株式会社エージェントグローが日本国内において出願中の商標です。

当サイトでは最低限必要と考えられる場合において、会社名/サービス名/商品名などを記載している場合があります。
これらはあくまでも説明の必要性に応じて用いているものであり、各社の権利等を侵害を目的とするものではございません。
不適切と考えられる場合には、当社お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当サイトでは®や™などの表記を省略させていただいております。

PAGE TOP