注目の記事 PICK UP!

仕事ができる人の『報告』

両者を分ける要素

『仕事ができる人』といったフレーズを耳にしたことはありますか?

私の考える『仕事ができる人』は、『上司目線の報告』ができる人です。今回は、そこにスポットライトを当ててみたいと思います。

たとえば、皆さんが

  • 自由に仕事がしたい!
  • 責任のある仕事を任せて欲しい!
  • さらなる高みを目指していきたい!

といった考えをもっているのであれば、この記事が良いヒントになるはずです。

肝要なこと

報告をするときの一番のポイントは、

上司に聞かれる前にする

というものです。

上司に聞かれる前に報告するためには、『論理立てて伝えるために、ポイントを整理する』必要があります。つまりは、『しっかりとした準備』が必要になるわけですね。しっかり準備をすることで、あなた自身も自信を持った受け答えができるようになるはずです。

そんなあなたは、上司からどう見えるでしょうか?

逆に、上司に聞かれてから報告するケースを考えてみましょう。事前準備などないわけですから、瞬間的に状況を整理して伝える必要に迫られます。『即興力』が求められてしまうわけですが、必然的に受け身の体勢になりやすく、上司に伝わりにくくなります。

そんなあなたは、上司からどう見えるでしょうか?

両者を比較すれば、どちらが上司の信頼を勝ち得るかは一目瞭然です。報告は、受け身になる前の先手必勝が基本です。

先手を取るためのポイント

上司に聞かれる前に報告するためには、相手の立場で考えてみるのが有効です。視点を変えて『上司の立場』で考えてみましょう。

上司からすれば、『仕事を任せた』以上、部下に対して細かな注文をつけないよう気を遣うこともあります。部下からの報告を『今か今か』と待ちわびながら、催促しそうになるのをグッとこらえていることもあります。

それは、なぜでしょうか。

いろいろなケースがあるかとは思いますが、『部下の自主性と主体性を育てようとしている』というのはよくある話です。そんな考えを抱いている上司に聞かれる前に報告するためには、『こまめに報告する』というのがひとつのポイントとなります。

たとえば、あなたが『資料作成を頼まれた』としましょう。この場合、『こまめな報告』をするポイントとして、下記のようなものが挙げられます。

  • 資料作成に必要な調査が完了したとき
  • 資料作成に必要な時間の見積もりがでたとき
  • 資料作成に取り掛かり始めたとき
  • 作業中に思ったよりも時間がかかる箇所が出てきたとき
  • 作業中に疑問点などが出てきたとき
  • 資料作成が終わったとき

なんでもよいので、『なにかの動きがあったタイミングで報告をする』ようにすると良い。つまりはそういうことです。

時と場合によっては、『こまめな報告』が難しい場合もあるかもしれません。そんなときは、『1日1回、進捗を報告する』というのがおすすめです。『進捗報告は1日1回』をクセにしてしまいましょう。

少しであっても、簡単であっても

『報告』と聞くと身構えてしまうかもしれません。あれこれ調べて、得られた情報を整理して、わかりやすい資料を作って……。忙しい毎日に身を置いていたら、気後れしてしまうことも多くあるでしょう。

しかしながら、そんな大層なものが求められているケースだけではありません。もっとライトな『報告』が適している場面も、意外と多くあるものです。

少しであっても、簡単であってもいいのです。こまめな報告を心がけましょう。

河井 智也

河井 智也

Javaエンジニアとして2つのITベンチャー企業でキャリアを積む。
2013年2月、貿易商社に入社し、グループ会社の立ち上げに携わる。

2013年6月から同社の代表取締役に就任。
独自に編み出した『スカウト採用』を用いて、3年間で従業員1名から70名に拡大させる。

2016年4月に独立のため退任し、同年5月に株式会社エージェントグローを設立。
創業1年半で100名以上のエンジニアを採用し、会社は急成長。
面接実施人数は1500名以上、応募者の内定承諾率は80%を超えている。

「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」をミッションに掲げ、報酬・賞与の透明化と適正化、エンジニアに案件参画の決定権を与えるなどミッション実現に向けて取り組んでいる。

趣味は読書。ビジネス書を中心に2600冊以上を読破。

関連記事

  1. トラブル対応のコツ

  2. 教え教わる貴方に大切なこと

  3. 「浅い人」と「深い人」

  4. 内定辞退に悩む経営者たちへ

  5. 自分の思いを形にするための『3つの質問』

  6. 『少数精鋭』の本社メンバーに求められるもの(前編)

  7. 仕事ができる人の3つの報告テクニック

  8. 成長の秘話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

積極採用中です

エンジャパン 求む、社長!
follow us in feedly

最近の記事

人気記事

こちらもご覧ください



当サイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像等)は、許可なく複製・転用等する事を禁じます。

「フェアネス方式」は、株式会社エージェントグローが日本国内において出願中の商標です。

当サイトでは最低限必要と考えられる場合において、会社名/サービス名/商品名などを記載している場合があります。
これらはあくまでも説明の必要性に応じて用いているものであり、各社の権利等を侵害を目的とするものではございません。
不適切と考えられる場合には、当社お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当サイトでは®や™などの表記を省略させていただいております。

PAGE TOP