注目の記事 PICK UP!

頑張る人への金言

かつて襲われた不安

「何れ結果が出るから。そのままやり続けなさい」

約8年前の土曜日。会社のオフィスで社長から言われた言葉です。

当時、私は25歳。不器用で、同期の中で一番仕事ができませんでした。

同期や年の近い先輩たちに追いつき追い越して、皆から認められたい。

そんな思いで、始発で会社へ行ったり、土日も出社して勉強をする毎日。

次第に周りからは「全然ダメだけど、やる気だけは一番ある」と言って頂けるようになりましたが、全然成果が見えてこない。

どんなに勉強しても、「仕事が出来るようになった」という実感が持てませんでした。

漠然とした不安感

成果が見えてこない状況で努力を続けていると、よく不安に襲われます。

  • 一生懸命努力してるけど成果が出るのか?
  • もっと効率の良いやり方があり、そうしないと成果が出ないのでは?
  • この分野ではなく、もっと別の分野の勉強をしたほうがいいのでは?

このような不安が出てくると、勉強にも手が付かず、効率は下がっていく一方。

私自身、一人で良く悩んでいました。

そのままやり続けなさい

面接で求職者と話したり、若手の従業員と話してると、昔の自分と重なります。

私からみんなに言えることはひとつ。

「何れ結果が出るから。そのままやり続けなさい」

当時勤めていた会社の社長から言われた言葉です。

社長に言われたとおり、そのままやり続けた結果、私はここまで成長することが出来ました。

ですから皆さん、不安がらずにそのままやり続けてください。

何れ結果は出ます。

最後に。

若い頃、不安になるたびに、何度も読み返した言葉を記します。

どのような分野にしろ、教育の結果について、若い人たちをクヨクヨ考えさせない方が良い。

勉強時間の刻々を忠実に励みさえすれば最終結果は成り行きに任せても少しも心配する必要は無い。

そうすれば、ある晴れた朝、目を覚ましてみると、何事にせよ自分の選んだ分野において、世代を同じくする人々の中で有能な1人となっているのを発見することは、絶対に確実性をもって期待して良い。

心理学者 ウィリアム・ジェームズ

河井 智也

河井 智也

Javaエンジニアとして2つのITベンチャー企業でキャリアを積む。
2013年2月、貿易商社に入社し、グループ会社の立ち上げに携わる。

2013年6月から同社の代表取締役に就任。
独自に編み出した『スカウト採用』を用いて、3年間で従業員1名から70名に拡大させる。

2016年4月に独立のため退任し、同年5月に株式会社エージェントグローを設立。
創業1年半で100名以上のエンジニアを採用し、会社は急成長。
面接実施人数は1500名以上、応募者の内定承諾率は80%を超えている。

「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」をミッションに掲げ、報酬・賞与の透明化と適正化、エンジニアに案件参画の決定権を与えるなどミッション実現に向けて取り組んでいる。

趣味は読書。ビジネス書を中心に2600冊以上を読破。

関連記事

  1. メールでのコミュニケーション術

  2. 結果が伴わないときの対処手順②

  3. エンジニアが抱く不安

  4. 成長の秘話

  5. 運が良い人の秘密

  6. 9年間で出会った2500冊以上の本

  7. 従業員の幸せって何だろう?

  8. 自分の思いを形にするための『3つの質問』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

積極採用中です

エンジャパン 求む、社長!
follow us in feedly

最近の記事

人気記事

こちらもご覧ください



当サイトに掲載されているコンテンツ(文書、画像等)は、許可なく複製・転用等する事を禁じます。

「フェアネス方式」は、株式会社エージェントグローが日本国内において出願中の商標です。

当サイトでは最低限必要と考えられる場合において、会社名/サービス名/商品名などを記載している場合があります。
これらはあくまでも説明の必要性に応じて用いているものであり、各社の権利等を侵害を目的とするものではございません。
不適切と考えられる場合には、当社お問い合わせフォームよりご連絡ください。

当サイトでは®や™などの表記を省略させていただいております。

PAGE TOP